だいこんのナンパブログ

典型的な非モテ社会人が理想の女性と出会い、知り合い、愛し合うために奔走します。低身長、顔面ニキビ跡のスト低です。

迷子とのアポ

先日会心のバンゲをした案件とのアポ振り返りです。

覚えている間に書かないと忘れちゃうので。

 

【良かった点】

・スト高相手に普段通りのトークができた(変な緊張はしなかった)

・胸筋ルーティンを変則的に使って、ボディタッチができた。

(なぜか相手の胸筋を触ることにw 決しておっぱいは揉んでいない。首と胸の間?をブラウスの上から触った感じ。サラサラのブラウス触るの気持ちよかったれす(^q^))

・共通点を見つけ話を拡げていけた。

・初めて会った日のことから、相手の恋愛遍歴、趣味や価値観等、相手の人間性に迫る部分の会話ができた。ラポールは少なからず築けていた。

 

【良くなかった点】

・お店のセレクションが悪かった。騒がしく、予約したのに横並びの席ではなかった。

・相手から自分に対して恋愛面の質問が若干少なかったように思う。

(分かりやすいlolの確認ができなかった。)

 

そして、致命的なミスをやらかしたかもしれないのは、

店を出て、駅に向かう途中で手を繋いだら

「え?そんなの嫌です。」

と言われてしまう。手をほどかれてしまった。涙

その場では取り乱さなかったが、帰りの道中一人で後悔の念に襲われた。

 

やってしまった。焦ってしまったか。

固く真面目な子だったから、何もしないで帰るべきだったか。

相手の胸付近を触るというフェーズを経たから、いけるものだと思ってしまった。

友達フォルダに入りたくないという意味もあった。

準準即でゴールしたいと思っていたので、手つなぎを済ませておきたい気持ちが自分の中にあった。

いくら考えてもモヤモヤするが、相手がマイナスに捉えたことは間違いないと思う。

 

アポ中や駅に向かう間に次回会う約束はしなかった。

次に会う約束なんて何の意味もないから。

相手の興味が失せれば約束なんて意味をなさないし、

「会いたくて仕方のない人」にはなりたくなかった。

 

これからの自分にできることは、

・忙しい合間に会う人を選んでるというスタンスを崩さない

・いいなと想った子には積極的にいくという価値観を隠さない、変えない

この姿勢を崩さないで相手に接するようにしたい。

本当は非モテフルコミットしたいくらいの女の子だけど、

次の連絡は1週間くらい空けてアポを調整しようと思う。

 

そして、この悔しさはストで晴らしていく。

勇気を出して声をかけたから、素敵な女の子に出会えた。

プライベートの時間を一緒に過ごせた。

 

ストには夢がある。

まだ夢の先っちょも掴めていないけど、このまま食い下がることだけはしない。