僕は運命を証明しようと思う

運命の人と出会い、愛し合うためにストリートナンパをする

12月総括

師走でごわす。

 

それでは12月の総括をどうぞ。

f:id:daikon-nanpa:20171231233346p:plain

 

12月はこんな感じ。

2017年のメモリアルな月にはならなかったけど、振り返りを。

 

〈ハイライト〉

 

だいこん「運命トーク」(走って追いかけたので、息を切らしながら)

助産師子「走ってきてくれたんですか?普段は無視するんですが、lineならいいですよ。」

助産師子 色白/28/スト値6.5

そして、順調にアポも決まり、声をかけた駅でアポ。

横並びの席に座り、お互いビールでキックオフ。

 

仕事の話、価値観の話、恋愛の話と進めていく。

かなり話やすい案件で、反応も良く楽しくアポは進んでいった。

どうしても自分はナンパで婚活を兼ねているので、

恋愛遍歴は深く聞くことにしている。

聞いた結果、いわゆる遊んできた子だった。

 

助産師子「今は落ち着いたけど、やっぱり田舎から出てきて、東京にいると遊んじゃうよね。」

だいこん「へぇー、どんな風に遊んでたか知りたいな。」

助産師子「んー、言えないようなことだよ笑」

そのあと、何度か聞いてみたけど教えてはもらえなくて。

でも、雰囲気で察することができるくらい想像がついてしまって、

どうもやる気がなくなって終戦。特にセクトラはせずに健全に解散。

やる気がなくなったのは、相手の過去もだけど、

自分自身も一般的にみれば遊んでいるのに、他人の遊びは受け入れられないという矛盾を意識したから。

でも、何度考えても自分はこの活動のことは墓場まで持っていって、誠実で信頼できる理想の相手を見つけたいと思った。

わが身可愛さの身勝手で都合のいい話なんだけど。

 

この子とのアポを終えてから、11月にアポった外資系メーカー子のことを思い出した。まじめで誠実な子を取りこぼしたという事を改めて悔しく思った。

 

このアポ以降は連れ出しもあったりしたけど、ローカル(ラブホがない街)でアラサーをターゲットにしていると、家がアポの場所から近くないと厳しいのを改めて実感。2018年はよく出撃しているローカルに引っ越す予定。

 

それと12月の後半はニキビ跡治療を行い、ダウンタイムから出撃できない日々もあった。

いつもの治療とは変えて、思い切って高い治療をしたので効果はありそう。

金額はけっこう高いけど、自分への投資として決断したよ。

サイトンヘローとサブシージョンという施術をしたので、興味ある人には個別に感想伝えます。

もうニキビ跡ブログにしちゃおうかな。笑

 

まとりまりがなくったので、このへんで締めます。

また2017年の総括を別に書こうと思います。

 

2017年にPUA活動で絡んでいただいた皆様、お世話になりました。

また2018年もどうぞよろしくお願いします。

日々戦っているすべてのPUAに幸あれ。

 

だいこん