僕は運命を証明しようと思う

運命の人と出会い、愛し合うためにストリートナンパをする

18/5月総括

どうも、子どもが近くにいると声かけができない、だいこんです。

(不健全な世界を見せたくなくて。笑)

 

ワークが絶望的に忙しいので、早めに5月の総括を。

f:id:daikon-nanpa:20180526221715p:plain

 

バンゲ・エルゲが4月に続き20件前後をキープできた。

即1回、準即1回というバランスの良い結果が出せた。

今後も月に新規2件程度はゲットしたい。

 

それでは、ハイライトをどうぞ。

 

 

〈ハイライト〉

準則したヘアモデル子との最後のやりとり

 

だいこん「そんな軽い気持ちで手を出したつもりはない。あれは最初の1回だと思っているし、ヘアモデル子のことは特別に感じている。」

ヘアモデル子「ごめんなさい。やっぱり無理です。もう会ったりするのはやめよう。」

だいこん「わかった。仕方ないね。今まで楽しかった、元気でね。」

ヘアモデル子「思ったより、食い下がらないんですね。近づいてきたと思えば、あっさりと距離をとったりして、これまでの人とは違います。」

だいこん「まぁ、出会い方からして普通じゃなかったからね。笑」

ヘアモデル子「私にとってだいこんさんは特別でした。わがままでごめんなさい。」

 

だいこんスト至上もっともスト値が高かった案件との関係が終わった。

残念だけど仕方ない。この教訓を生かしていく。

そしてなにより、この案件には感謝しかない。

自分の課題を浮き彫りにしてくれた。

普段から思うのは、仕事ではっきりとミスを指摘したり怒ってくれる上司・先輩は本当にありがたいと思っている。

自分の悪いところを教えてくれる友達にも感謝している、言われて初めて自覚する部分もあるから。

 

このヘアモデル女子も直接言及はしていないけど、自分の改善点を明確にしてくれた。

 

この子との出会いを大切にしたい。

 

「応援してくれる人だけじゃなくて、批判してくれる人にも感謝したい。批判してくれる人がいなかったら、ここまでこれなかったから。」 本田圭佑

 

 

 

某ローカルにて

リクスー女子に声かけ、就職で大阪から出てきたばかりの新入社員

運命トークから20分くらいの攻防の末にエルゲができた案件

 

攻防の後半には相手から

「話しやすいし、話していて楽しいです」、「なんか明るくていつも輪の中心にいそう」、「私より関西人な感じしますよーww」などなど、嬉しいお言葉をいただけた。

 

身持ちが固そうな相手をほぐせたのが収穫。

相手が不定休なので、早めのアポ確が必要なので効果的なメンテをしていきたい。

 

 

某ローカルにて

不思議とこの日は即の予感を感じていた。

なぜならド誠実な声かけでも即に持っていける流れを思いついていたから。

犬で試したかったけど、ワークに忙殺されて人の少ないローカルに出撃。

予感があったから粘って45声かけ。そして一人の女性にヒットする。

 

 

だいこん「運命トーク」からのいけそうな雰囲気だったので飲み打診。

SE子「まぁ、終電なくて家まで歩いて帰る途中だったので、1杯ならいいですよ」

 

27歳、SE

 

だいこんの好きなアラサー女子

いつものビストロに連れ出してワインを飲む

 

自身に十二分にインプットされているトークの流れで自宅打診OKまで仕上げる。

 

相手から「チャラいww」、「やっぱり、だいこんさんみたいな面白い人がいいよ」と言ってもらえた。

 

そのまま自宅で即

 

行為までにグダはあった。

SE子「友達からでもいいって言ってたじゃん。。。」

だいこん「今の自分の気持ちを伝えないで後悔したくないから。」

SE子「こういうことができる人を探してたの?」

だいこん「違うよ。なんならここでやめてもいい。でも、SE子のこと良いなと思ってるのは本当だから、受け入れてほしい。」

 

相手が目をつぶる。キスする。そこからはノーグダ。

 

ストを始めて記念すべき10get目

 

 

5月に意識したのは、自分の話し方を少し変えること。

自分の気持ちを一方的に言うよりも、わざと間をとったり、あえて言葉にしないことで相手に意識させるということに取り組んだ。

まだまだ実験段階だけど、案件から話しやすい、面白い、等と評価されることが増えてきた。

 

そして運命の相手を見つけるにあたり、自分にとって大事な要件が見えた気がする。

 

自分にとって大事なのは、「準即を狙わないこと。」

 

この要件に対してある程度の試行ができたら、改めて書こうと思う。