僕は運命を証明しようと思う

これは俺の婚活だ 3年目

運命の人

運命の人と出会うためにナンパをすると宣言している。

 

しかし、自分の中で「運命の人」がどのような女性なのか明確にしていない部分があった。

 

今後、もうひとつ、ふたつ、上の活動をしていくために明確にしておきたい。

「運命の人」は最終的に1人に決めた案件になるため、この記事では自分がゲットしたい女性(理想の女性)について明確にし、ゲットするための取り組みをまとめる。

 

 

1.理想の女性の定義

以下に該当する女性を理想の女性とする。

 ①外見が良いこと

 ②性格が良いこと

 ③貞淑であること

 

 ①については、顔が良いこと、スタイルが良いこと

 ②については、相手を思いやれる、TPOを理解している、自分の意志をもっている and意思を表明することができる

 ③については、自分のことは棚にあげるが、恋人にするなら付き合った人数と経験人数はイコールが望ましい。

 

これらの資質を備えた女性を理想の女性と一旦定義する。

f:id:daikon-nanpa:20181209194442p:plain  f:id:daikon-nanpa:20181209194452p:plain

※ターゲットの外見イメージ



2.理想の女性をゲットするために

 〈理想の女性と出会うための取り組み(ハード面)〉

 ・活動場所を変える。(ターゲットが多い場所を主戦場とする)

 ・活動時間を変える。(昼、夕方をメインとする。深夜のごみ拾いは禁止する)

 ・服装を変える。(ターゲットに合わせカジュアルからフォーマルへ)

 ・即ナンパをやめる。(即系に割く時間を減らし、メインの時間を確保する)

 

 ナンパの基礎は2年弱である程度確立できたと思っているので、上記の点を取り入れマイナーチェンジを図っていく。

 

 〈理想の女性をゲットするための取り組み(ソフト面)〉

 ・準即を狙わない

 ・「誠実さ」を姿勢で見せる

 ・友達になる気はないと表明する

 

エビデンスが少ない頃、アグレッシブに攻めて信用を失ったことがある。運命トークを使う以上、誠実である必要はないが「誠実さ」を一定程度見せていく必要がある。チバさんのような凄腕とは違い、自分が準即でターゲットを落とそうとすると無理が生じるからだ。

その一方で、堂々と口説くことを忘れない。他とは違うことを同時並行で伝達していく。このバランスを上手く保つことが自分にとって重要だと考える。

 

 

3.今後について①

 件数は少ないが、これまでの活動で理想の女性に当てはまる女性達と出会い、アポを組んできた。

しかし、そういった案件と望んだ関係を築くことはできなかった。男としての魅力や相手に提供する価値の伝え方が良くなかった。ようは、取りこぼしたのだ。

 自分のような男でも素敵な女性とアポの機会を設けることができると分かった。活動を続ける意義はあると思っている。

 

4.今後について②

 おそらく、従来からのスタイルを変えることで、しばらく結果が散々になると想定される。特に即についてはほとんど無くなるはずだ。

 目先の結果ではなく、理想のターゲットと多く知り合えるであろう来年の4月以降を見据えると、この時期にマイナーチェンジをする必要があった。

 新しい型を創り、気持ちを込めて、ターゲットと対峙する。どうしても数か月の試行期間は必須だろう。亀のような速度だとしても上達の歩は止めない。

 

心が変われば行動が変わる。

行動が変われば生活が変わる。

生活が変われば人生が変わる。

人生が変われば運命が変わる。

 

こんな深夜にブログ書いて、めっちゃ不規則な生活なんだけどね。笑