僕は運命を証明しようと思う

これは俺の婚活だ 3年目

2019/7月総括

どうも!ナンパのためにマンションを買ってしまいそうな、だいこんです。

 

誰か私を止めてください。それか背中を押してください。

 

 

それでは7月を振り返っていきます。

 

 

 

 

声かけ:58件

バンゲ:0件

ガンシカ:0件

ゴール:0件

 

 

モチベーションの低下と既セクと会いすぎてしまい、こんな結果に・・・

 

アポでホテル負けが1回あっただけで書くべきハイライトもないれす^q^

 

 

7月はモチベーションを維持する方法と不動産サイトばかり閲覧している。

 

飢えている状態が一番モチベが湧くと実感し、現状を整理すると

 

①既セクとの関係を終わらせる

②平日の仕事帰りにストに出るため引っ越す

③ストの前に食事をしない

 

①については、一番早い特効薬だと思う。可愛い既セクとデートとエチできることで新規を探さなくなってしまっている。ここで関係を断ち切れば嫌でも街に出るようにはなると思う。しかし人間の業は深いもので手に入れるよりも捨てるほうが難しい。

捨てられないのであれば上手く利用したい。

例えばセク不足を防ぎ、余裕のある態度でアポやストに臨むなど。

ただその場合は当たり前だけどストに出るための別の動機付けが必要になってくる。

そもそもの動機は運命の人を見つけて結婚することであるが、ストからの結婚というものが甘くないと知ってしまった。3年近く活動して何回も何回も失敗した。

このあたりがモチベーションを減退させているため、何かしらの手法を用いてドラスティックに変えていきたい。

 

②について、今も最寄り駅はストができない訳ではない。ストもできる街であることを見越して家を選んだこともあり、引っ越してからの2年間は今の街でゴールを量産した。1日に2ゲットすることもあった。計算したとおり成功(性交)を収めることができた。

ただ、主要都市に比べると小さな街であるため、同じ案件に何回か声をかけてしまうことが度々ある。

また、たまたまファーストフード店に入ったら既セクがバイトしていたり、アポでバルに入ったら既セクが店員だったり、靴を買いに行ったら既セクが店員だったりと、街の小ささを感じている。

一番は都心の主要都市に引っ越し、ストに出やすい環境を今以上に構築する必要がある。そうすると生活環境の変化を考える必要が出てくる。

引っ越すにしても、そろそろ家賃を払うのが馬鹿らしく思えてきた。

そうすると、「ナンパ師家を買う」ということになりかねない。

この活動はいつかは辞めなければならない。そうすると②については慎重に検討していきたい。

 

③は他の人も経験があるかもしれない。欲求はつながっている部分があるのか、食欲が満たされていると活動への意欲が下がる。

このあたりは自己管理の一環として改善していく。

 

これらをふまえ、中長期的な課題は引き続き検討するとともに、これまでと活動の仕方を少し変えてみる。

変えた結果、どんな成果が上がるかは8月の総括で報告する。

 

それでは、また。