僕は運命を証明しようと思う

これは俺の婚活だ 3年目

2019年/11月総括

どうも。

 

 

ご無沙汰していました、だいこんです。

 

住まいを変える関係であまり出撃ができておらず、ブログの更新がこのタイミングになりました。書こうと思えば書けたんだけど、あまりテキトウに書くのも嫌だったので。

 

住まいを変えて、環境がかなり変わりました。

これまでと違う環境になった今だからこそ、いつもどおり活動を振り返っていきます。

 

 

〈11月の振り返り〉

声かけ :45件

バンゲ :4件

連れ出し:1件

ゴール :0件

L〇N  :1件(笑)

 

相変わらず活動の成果は低迷気味

通常のストからのゴールはできなかった

ただ、意外な体験ができた11月だった

それではハイライトをどうぞ

 

【11月ハイライト】

 

普段の活動は鳴かず飛ばず

 

リア友と有休を利用して九州の某街に旅行することに。

 

リア友はネトナンでぶいぶい言わせている高身長イケメン。

 

地方の繁華街で飲んで食って酔って、楽しい時間を過ごす。

 

自然と女好きの男2人だったので現地で女漁りをすることに。

 

リア友「ストリートは得意なんでしょ?」

だいこん「得意というか、ハマった時は良い結果が出る感じよ」

リア友「なるほど。せっかくの旅行だし、楽しい思い出作りたいな」

 

そんな流れから夜の街を流す。

 

何件か空振り。上手くいかない。

話してはくれるけど警戒心は強いみたい。

 

夜も11時を回り、地方の繁華街だと人が減ってきた。

敗戦濃厚かと思った時に、路上に座る2人組みを発見。

 

イケメンリア友を餌に秒で声かけ。

15分くらい話して飲みにいくことに。

 

案件①:丸顔可愛い(JD)5.8くらい

案件②:スレンダー可愛い(JD)5.5くらい

 

飲み屋に到着

 

乾杯をして、会話をスタートさせる。

 

だいこんとリア友はコンビナンパはしたことはある。

ただ、飲みにいく以上の実績はなかった。

だって、酔っぱらって女の子と話せれば良いというスタンスだったから。

だいこん自身もソロの時が本気でコンビは遊びという感覚が強い。

 

そんな二人が今宵はゴールを目指し、共闘する。

 

少しして、なんとなくペアで話をするようになってくる。

 

あれ?もしかして・・・

 

そこから終電で帰る問題があったが、おじさん達を置いていかないでと懇願し、ホテイン。

建前として朝まで寝るだけと言って2室に入ろうとするが、1室しか空いていなかった。さすがに4人の利用は断られると思ったが、地方のせいか問題なくOK。

 

ホテに向かう途中、明確なL〇Nの合意形成はされていない。

ただ、雰囲気でここまできた。ならば、雰囲気でこのまま押し切る。

 

だいこんがスレンダーとイチャつく。分かりやすい形式グダ

 

スレンダーが風呂場に逃げたため、上手くセパ

 

風呂場でスレンダーを仕上げてベッドに戻るとイケメンと丸顔も仕上がっている。

やはりイケメンは正義か

 

んで、そのまま大人の時間

もう、興奮した。うん、言わずもがなだよね。

それぞれダブルF、それぞれ串刺し、女の子同士でDK、二人に舐めてもらうetc

 

全てが上手く進んだ夜だった。

ただ、かなり不思議だった。丸顔もスレンダーもイケメンを好むと思っていたから。

だいこんが足を引っ張るってゲットできないというパターンを想定していた。

 

行為後にスレンダーが懐いてくる。

頼んでもいないのにスレンダーが答え合わせをしてくれた。

スレンダー「だいこん君は頭がいいなって思った。学生相手に上から話さないし、こっちの質問に対しての回答をいちいちユニークに返してくるし。自分の失敗談を笑い話に変えて話すのがすごく好きだった。」

 

だいこん「じぶん涙いいすか(本当はクソバカだから申し訳ない)」

 

スレンダー「気が付いたら2人としちゃったけど、私はだいこん君とだけでもよかったよ。また会えるのかな・・・」

 

だいこん「また会えるよ。今度は二人で会おう。スレンダーに〇〇を案内してほしい」

 

地方への移住を本気で検討しかけました

 

翌朝解散

 

とある地方で初のコンビゲットを達成した月だった。 

 

結果がでなくて辛い時期に少しだけご褒美があったようだ。

 

とりあえず11月の振り返りはこんな感じで。

f:id:daikon-nanpa:20200102190646j:plain

 

P.S  解散する時の朝に、女の子同士が恥ずかしいのか忘れたいのか、いろいろな感情の混ざった表情をしていたのがオジサンには眩しかった。